TAKARA & COMPANY(7921)へ100株を投資。どんな企業なのか?

(7921)TAKARA&COMPANY

こんにちは、マッキーです。

5月の権利日の株ということで、TAKARA & COMPANYの株を買いました。

この記事では、TAKARA & COMPANYがどんな企業なのかを分かりやすく紹介してみたいと思います。

事業の内容や業績を調べたい方、株を買いたい方の参考になればと思います。

筆者のプロフィール

マッキー

よろしくお願いします。

2019年から投資を開始。

200万円くらいからスタートして、

運用資産1,000万円超えを達成。

スポンサーリンク
目次

TAKARA & COMPANYってどんな会社?

TAKARA & COMPANYのホームページ

こちらの公式ページを元にして、紹介していきます。

1952年に創業された企業です。

創立70周年を迎える老舗の企業なんです。

いくつもの関連会社からなるグループ会社で、ディスクロージャー事業を展開しています。

はてなネコ

ディスクロージャーって何ですか?

ちょっと聞きなれない言葉かもしれません。

ディスクロージャーとは、情報公開や情報開示のことです。

企業が株主や取引先に事業内容などを広く公開することですね。

TAKARA&COMPANYでは、上場会社が法律により作成が義務付けられている「有価証券報告書」「株主総会招集通知」などの作成の支援を行っています。

創業以来、ディスクロージャーのパイオニアとして地位を確立しています。

4つのセグメント

TAKARA & COMPANYの事業は大きく分けて、4つのセグメントに分けられています。

ディスクロージャーと一口に言っても、色んな事業があるのが特徴ですね。

それぞれ見ていきましょう。

ディスクロージャー&IR

制度開示書類や任意開示書類の作成をサポートする事業です。

金融法や会社法により作成が義務付けられています。

  • 「制度開示書類」という書類の作成。
  • 投資家へ向けて「任意開示書類」を作成。

これらを行うための企画提案、内容のチェック、デザイン、開示までの流れを一連でサポートしています。

ICT

ディスクロージャーに係わるツールやシステムの開発を行う事業です。

  • ブラウザとIDがあれば、開示書類を作成することができるウェブアプリ。
  • 入力ミスを事前に防ぐための自動化ツール。
  • 連結会計システムとのファイル連携。

などがあります。

コンサルティング

各分野の専門知識や長年のノウハウを元にして、課題解決のためのコンサルティング事業を行っています。

  • IPO予定の会社へ受けての上場申請書類を作成する支援。
  • ESGアドバイザリー。
  • 決算・開示アウトソーシング。

グローバル

グローバルに事業を展開できるように、翻訳サービスを行っています。

日英、欧州、アジアなどで40か国に対応しています。

  • 多言語での書類作成の支援。
  • オンライン会議などで使用できる遠隔同時通訳システム。
  • AI翻訳システムの開発・販売。

業績について

直近5年での売上、営業利益、総資産の数字を見ていきます。

※2022年の第4Qの決算はこれからなので、2022年はその分だけ低くなっています。

T&C売上
2018年2019年2020年2021年2022年
1Q5,6305,9186,4627,8447,722
2Q8,7939,68710,55412,80113,184
3Q11,04412,22714,13417,37218,096
4Q15,79218,25719,11624,777
合計41,25946,08950,26662,79439,002
T&C売上
T&C営業利益
2018年2019年2020年2021年2022年
1Q1,3981,3031,3261,6321,803
2Q1,3241,2841,4151,5662,247
3Q8,838541,5801,4342,407
4Q1,5341,7802,2472,707
合計5,1395,2216,5687,3396,457
T&C営業利益
T&C総資産と純資産

※赤字が純資産です。

2018年2019年2020年2021年2022年
1Q18,152
14,546
19,170
15,212
20,737
16,034
26,901
17,406
29,162
22,901
2Q18,604
14,644
19,693
15,163
20,881
16,184
29,573
21,587
29,369
22,998
3Q17,474
14,107
18,849
14,576
20,443
16,834
29,035
21,221
28,206
22,630
4Q19,720
14,544
22,201
15,359
26,450
16,582
30,972
22,468
合計73,950
57,841
79,913
60,310
88,511
64,634
116,481
82,682
86,737
68,529
T&C総資産と純資産

2023年の売上目標について

2020年から2023年にかけての売上目標として、中期経営計画が発表されています。

部門2020年実績2023年目標
ディスクロージャー関連事業175億円200億円
通訳・翻訳事業16億円100億円
合計191億円300億円
2020年~2023年 T&C中期経営計画

このような目標となっています。

こちらは第4Q(5月の決算)の数字目標で、このように推移しています。

こちらが達成できるかどうかが、今後の株価のポイントにもなりそうです。

配当金の推移

配当金は以下の通りに推移しています。

T&C1株当たりの配当金の推移

2021年の配当は1株当たり54円です。

配当利回りは約3%で、配当性向が44.7%でした。

3%以上の高配当銘柄と言えそうです。

2022年の権利確定日は5月27日(金)です。

2022年(今年の)配当金は、70周年記念配当として4円プラスの58円の予想と公式サイトで発表されています。

TAKARA & COMPANY 公式サイトより。

株主優待

TAKARA & COMPANYの株主優待は「カタログギフト」です。

2022年は5月27日が権利日で、この日に株を100株以上保有していればもらうことができます。

5月が権利日の会社は、他の月に比べると多くはありませんので貴重ですね。

保有期間100株から2000株未満2000株以上
3年未満1,500円相当3,000円相当
3年以上2,000円相当3,500円相当
T&C 株主優待

1500円相当コースがこのような感じです。

T&C 株主優待1500円相当
1500円相当 カタログギフト 公式サイトより抜粋

私のTAKARA & COMPANYの保有状況

私はauカブコム証券で100株保有しています。

auカブコム証券宝&C

2022年4月に購入しています。

配当金も大きいし、優待ももらえるので、いいなと思って購入しました。

若干含み損も出ていますが、のんびり長期で保有できたらいいなと思っています。

まとめ

この記事では、TAKARA & COMPANYの事業内容や業績などについてまとめました。

株を保有することで、配当金や株主優待をもらえます。

TAKARA & COMPANYは1952年という歴史を持つ企業で、ディスクロージャー事業のパイオニア的な存在です。

ディスクロージャーとは、情報公開や情報開示のことで、法律で作成を義務付けられている制度開示書類の作成支援、投資家向けの任意開示書類を作成する支援を行っています。

他にもディスクロージャー関係のソフトやシステムの開発、コンサルティング、翻訳などの事業も行っています。

2023年には5月売上目標300億円を掲げています。

今年は70周年記念なので、配当金も増える予想となっています。

簡単ですが、以上でまとめとさせてもらいます。この記事が企業分析や投資の参考になればと思います。

にほんブログ村

この記事が「いいね」と思ったらクリック!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる