「介護予防・日常生活支援総合事業」ケアマネ試験対策

総合事業

こんにちは、マッキーです。

この記事では、ケアマネ試験の学習をしている方へ向けて「介護予防・日常生活支援総合事業」の解説をします。

ケアマネ試験のポイントを踏まえて、どんな事業があるのかを見ていきましょう。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

介護士として10年以上働いています。

現場での経験を経て、ケアマネの資格を取得しました。

現在も特養の介護職員で、施設ケアマネとして働いています。

主にケアマネ試験をテーマにして、ブログで介護職員向けた情報等を発信しています。

「介護予防・日常生活支援総合事業」と言いますが、漢字ばっかりで全く頭に入ってきませんよね。

私もケアマネ試験の学習で苦労した部分なので、この記事がお役に立てればと思います。

スポンサーリンク
目次

総合事業は地域支援事業のうちの一つ

介護予防・日常生活支援総合事業(略して総合事業)は、地域支援事業のうちの一つです。

地域支援事業は2006年からはじまりました。

なるべく要介護状態にならないようにするための介護予防が目的です。

「地域支援事業」の3本の事業

  1. 介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)
  2. 包括的支援事業
  3. 任意事業
マッキー

「地域支援事業」の中にある「総合事業」ですね。

地域支援事業の全体に関しては、こちらの記事をどうぞ。

総合事業は2つの事業で構成されている

総合事業には「介護予防・生活支援サービス事業」「一般介護予防事業」で構成されています。

地域支援事業の総合事業と一般介護予防事業に注目

「介護予防・生活支援サービス事業」では、訪問介護やデイサービスのように対象者へ直接的な支援を伴うサービスになっています。

それに対して「一般介護予防事業」は、支援が必要な人を見つけたり、人材を育成したり等の高齢者をサポートする裏方のようなサービスです。

総合事業の対象者

総合事業の対象者は、第1号被保険者と第2号被保険者で分けて覚えましょう。

一般介護予防事業については、第1号被保険者(65歳以上の方)の全ての人が対象となっていますが、いずれも要介護認定まではいかず、要支援以前の元気な方へ向けたサービスになっていますね。

第1号被保険者第2号被保険者
介護予防・生活支援
サービス事業

要支援1、2
基本チェックリストの該当者

要支援1、2
一般介護予防事業
全ての人
×
対象外
総合事業の対象者

介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)4つのサービス

要支援の方や基本チェックリストで該当した人が対象です。

(基本チェックリストに関しては、最後に補足します。)

介護予防・生活支援サービス事業には4つのサービスがあります。

それぞれのサービスを確認していきましょう。

  1. 訪問型サービス(第1号訪問事業)
  2. 通所型サービス(第1号通所事業)
  3. その他生活支援サービス事業(第1号生活支援事業)
  4. 介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)

第1号事業と言いますが、第1号被保険者の1号とは特に関係ありません。

訪問型サービス(第1号訪問事業)

介護予防訪問介護に相当するサービスです。

掃除、洗濯などの日常生活上の支援を行います。

通所型サービス(第1号通所事業)

介護予防通所介護に相当するサービスです。

デイサービスと同様で、集いの場や機能訓練などのサービスが提供されます。

その他生活支援サービス事業(第1号生活支援事業)

その他生活支援サービスです。

  • 栄養改善を目的とした配食サービス
  • 定期的な安否確認
  • 緊急時の対応
  • 住民ボランティアによる見守り

などがあります。

介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)

総合事業によるサービスが適切に行われるようにケアプランを作るサービスです。

要支援1、2の方が対象です。

それ以外の方のケアプランは「包括的支援事業」で作られます。

一般介護予防事業の5つの事業

65歳以上の高齢者(第1号被保険者)の全てが対象です。

第2号被保険者は対象とはならないので注意しましょう。

一般介護予防事業には5つの事業があります。

  1. 介護予防把握事業
  2. 介護予防普及啓発事業
  3. 地域介護予防活動支援事業
  4. 一般介護予防事業評価事業
  5. 地域リハビリテーション活動支援事業
マッキー

試験では事業名を覚えておきたいですね。

介護予防把握事業

家で一人きりで閉じこもっている方なんかで、支援が必要な方もいます。

表には出てこないが介護予防が必要な人がいないか把握する事業です。

地域住民の情報提供なども活用して情報を集めて、発見した場合は「基本チェックリスト」を活用して介護予防活動へつなげていきます。

介護予防普及啓発事業

介護予防活動の普及・啓発を行います。

具体的には体操教室を開いたり、介護予防の講演などのイベントを開催、パンフレットの作成などを行います。

地域介護予防活動支援事業

介護予防に長けた住民ボランティアの育成・支援を行います。

介護の専門職だけじゃなくて、一般の地域住民も参加できる仕組みを目指します。

一般介護予防事業評価事業

今まであげてきた一般介護予防事業の取り組みを評価する事業です。

介護保険事業計画に定められている目標の達成状況を検証します。

地域リハビリテーション活動事業

事業へのリハビリの専門職の関与を促進するサービスです。

リハビリ職が関与することで、

  • 地域住民に介護予防に関する技術的助言をする
  • 介護職員などへ介護予防に関する技術的助言をする
  • 地域ケア会議やサービス担当者会議への参加する

これらの取り組みを行っていきます。

基本チェックリストについて

基本チェックリストは、全部で25問の質問です。

市役所の介護保険の窓口や地域包括支援センターで受けることができます。

この質問から介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)の対象者かを判断します。

生活全般①バスや電車で外出していますか
②日用品の買い物をしていますか
③貯金の出し入れをしていますか
④友人の家を訪ねていますか
⑤家族や友人の相談にのっていますか
運動⑥階段を手すりや壁を伝わらずに昇っていますか
⑦椅子に座った状態から何もつかまらずに立ち上がっていますか
⑧15分間位続けて歩いていますか
⑨この1年間に転んだことがありますか
⑩転倒に対する不安は大きいですか
栄養⑪6か月で2~3キロ以上の体重減少はありましたか
⑫BMIが18.5未満ですか{BMI=体重÷(身長×身長)}
口腔⑬半年前に比べて固いものが食べにくくなりましたか
⑭お茶や汁物等でむせることがありますか
⑮口の渇きが気になりますか
外出⑯週に1回以上は外出していますか
⑰昨年と比べて外出の回数が減っていますか
もの忘れ⑱周りの人から「いつも同じことを聞く」などの物忘れがあると言われますか
⑲自分で電話番号を調べて、電話をかけることをしていますか
⑳今日が何月何日かわからない時がありますか
こころ㉑(ここ2週間)毎日の生活に充実感がない
㉒(ここ2週間)これまで楽しんでやれていたことが楽しめなくなった
㉓(ここ2週間)以前は楽にできていたことが今ではおっくうに感じられる
㉔(ここ2週間)自分が役に立つ人間だと思えない
㉕(ここ2週間)わけもなく疲れたような感じがする
基本チェックリストの25問

一定の事項に該当した者が「介護予防・生活支援サービス事業」の対象者で、介護保険の申請をしなくても第1号事業が利用できます。

(第2号被保険者は対象外です。)

全体のまとめ

この記事では、ケアマネ試験の受験をする方へ向けて、地域支援事業のうちの「介護予防・日常生活支援総合事業」についてまとめました。

まずは、「地域支援事業」には3つの柱となる事業があって、そのうちの一つが「介護予防・日常生活総合事業」です。

介護予防・日常生活総合事業も以下の2つのサービスで構成されています。

  • 介護予防・生活支援サービス事業
  • 一般介護予防事業

これらのサービスは主に要支援者までの元気な方が対象となっています。

それぞれの対象者は「第1号被保険者」「第2号被保険者」に分けて覚えましょう。

試験では各サービスの名前は押さえておきましょう。

「介護予防・生活支援サービス事業(第1号事業)」の4つのサービス

  1. 訪問型サービス(第1号訪問事業)
  2. 通所型サービス(第1号通所事業)
  3. その他生活支援サービス事業(第1号生活支援事業)
  4. 介護予防ケアマネジメント(第1号介護予防支援事業)

「一般介護予防事業」の5つの事業

  1. 介護予防把握事業
  2. 介護予防普及啓発事業
  3. 地域介護予防活動支援事業
  4. 一般介護予防事業評価事業
  5. 地域リハビリテーション活動支援事業

要支援認定を受けていない方でも、基本チェックリストで「第1号事業」の対象者かを判断できます。

簡単ですが、以上でまとめとさせてもらいます。

にほんブログ村

この記事が「いいね」と思ったらクリック!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる