ケアマネ試験はいつから勉強すればいいの?「4月からの勉強の流れ」

いつから勉強

ケアマネ試験はいつから勉強すればいの?と疑問に思っている方はいませんか。

この記事では、ケアマネ試験はいつから勉強をするのか?というテーマで、筆者の体験談を元にどんなスケジュールでどんな勉強をしたのかをお伝えしたいと思います。

この記事はこんな方へおすすめ。

ケアマネ試験の勉強をいつからはじめればいいのか知りたい方。

筆者がどのようなスケジュールでどんな風に勉強したのか知りたい方。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

介護士として10年以上働いています。

現場での経験を経て、ケアマネの資格を取得しました。

現在も特養の介護職員で、施設ケアマネとして働いています。

主にケアマネ試験をテーマにして、ブログで介護職員向けた情報等を発信しています。

スポンサーリンク
目次

勉強はいつからはじめればいいのか?

はじめに結論から言います。

ケアマネ試験のボリュームを考えると、6か月前(4月)には始めるべきです。

とはいえ、試験範囲が広くて覚えることも多いので、勉強を始めるのは早ければ早い方がもちろんいいです。

6か月というのは一つの目安に思いましょう。

思い立ったらすぐにでも、勉強をはじめましょう。

ケアマネ試験は仕事をしながら受験する人が大多数ですね。

中には、家に帰っても小さいお子さんがいたり、家事が忙しい方もいます。

勉強の時間をとるのは大変だと思います。

なので、短期間で効率よく勉強をすすめていきたいですね。

けあまネコ

4月からはじめるのがおすすめですが、
思い立ったらすぐにでもはじめるのが吉ですね。

私が実際に行っていた勉強の方法を紹介します。

ここからは私がどのように勉強していったのかを実体験を元にしてお伝えします。

私の勉強は市販のテキストを購入して、過去問を中心に勉強しました

過去問を解いて、分からないところを調べての繰り返しです。

仕事があった日も寝る前に時間をとって、日によっては数分だけ問題やテキストを眺めたり、調子のよいときには数時間とやっていましたね。

短時間でも毎日机に向かうようにしましたね。

はてなネコ

介護の仕事はシフトで、夜勤とかやっていれば、
日によっては時間がとれなかったりするよね?

マッキー

そうなんです。
なので、疲れているときは無理しないで、
数分しかやらない日もあった。

4月から「受験の申し込み」で気持ちにスイッチが入る

ケアマネ試験の申し込みが4月にありました。

申し込みの月は都道府県により異なりますが、試験そのものは全国で共通しています。

試験日は10月です。

先ほども言った通り、最低でも6か月前からは勉強をはじめるのをおすすめします。

そこから逆算しても、4月には勉強をはじめているのがいいですね。

4月に試験の申し込みをすれば気持ち的にもスイッチが入ります!

ここからがスタートです。

マッキー

申し込みをしたら勉強しようって気持ちになって、
そこから本格的に勉強をスタートしました。

4月に「市販のテキストと過去問題集を購入」して、いざ勉強スタート

まずは、近くの書店に行って、テキストと過去問題集を買いました。

ケアマネ試験のテキストはボリュームもあるので、1冊の値段もそれなりにします。

どのテキストを選べばいいかは自由です。

筆者は自分で手に取ってみて「読みやすい」「頭に入っていきそう」と直感的に感じたものを手に取りました。

マッキー

毎年、新しいものがでますが、
自分が実際に買ったものはこちらのシリーズです。

私が実際に手に取っていいなと思ったテキストと過去問題集はこちらです。

筆者が試験を受けたのは2018年なので、2022年バージョンで良いものを紹介します。

「詳解 ケアマネ試験過去4年問題集 ’22年版 (2022年版)」

過去問題集は1冊は買いましょう!

こちらは過去5回分の問題が載っており、2022年版では去年の問題も載っています。

問題のページと解説のページを切り離して使えるのが便利です。

「ユーキャンのケアマネジャー書いて覚える!ワークノート」

ユーキャンの教材はイラストがたくさんのっていて、分かりやすくまとめられているのでおすすめです。

はじめて勉強する方におすすめです。

こちらは実際に自分で書き込みながら勉強できるのでおすすめです。

「見て覚える!ケアマネジャー試験ナビ2022」

ケアマネ試験に出題される大事なポイントが表や図解で分かりやすく整理されています。

試験の問題の傾向を分析しているコラムも見どころのひとつです。

私は今でも調べ物をしたいときに使っています。

まずは介護保険のサービスを覚える

テキストの1ページ目から開くと、初めに「法律」のことが載っていて、追い立てるように「介護保険」の細かいことが出てきますよね。

筆者は「居宅介護支援」と「訪問介護」の違いが分からないレベルから勉強をはじめたので、いきなり法律なんか見てもわけがわかりませんでした。

何も頭に入ってきませんし、テキストを1ページ目から読んでもチンプンカンプンです。

はてなネコ

法律とか介護保険が難しすぎるんだよね~。

今になって「こんな風に勉強していけばよかった」と筆者が思うことになりますが、

テキストの1ページ目から順に目を通していくよりも、まずは、分かりそうな部分から取り組んだ方がいいです。

マッキー

分かりやすいところか、らやってけばよかった。

具体的に、何から勉強すればいいのかというと、

はじめは、介護保険のサービスを覚えるのがいいです。

介護保険のサービスは3つに分類されます。

  1. 訪問系サービス
  2. 地域密着型サービス
  3. 施設サービス

この分類で、どんなサービスがあるのかを、まずは覚えていきましょう!

詳しくはこちらの記事を参考にどうぞ。

ここが分かるだけで、試験の全体像がぐっとつかみやすくなります。

要介護認定の流れを覚える

介護保険のサービスを覚えたら、その次は要介護認定の流れを覚えるのがいいと思います。

要介護認定の申請から、サービスを受けるまでの流れを理解していきます。

要介護認定の流れを勉強しながら、介護保険の基本的なことが分かってきます。

具体的にはこちらの記事を参考にどうぞ。

過去問を少しずつでもいいから解いていく

介護保険のサービスと要介護認定の流れを勉強しながら、過去問も少しずつ解いていきます。

過去問は1回の試験で60問あるので、1回分を全部まとめて解くのは大変です。

はじめてやる人は、問題を読むだけでも疲れてしまいますね。

筆者は毎日、1問からはじめました。

分からないところが沢山出てくるので、その都、解説を読んで調べることが大事です。

過去問そのものに慣れてきたら、段々とこなせる問題数も増えていきます。

4月~はじめはこんな感じだった。

  • 試験の申し込みして、市販のテキストを買う
  • 介護サービスを覚える
  • 要介護認定を流れを覚える
  • 過去問を毎日1問ずつでも解いてみる
マッキー

がっつりはやらず、
4月~6月はゆるくやっていました。

7月に入って本腰を入れて勉強をはじめる

試験日が10月なので、7月に入ると残り3か月あります。

この時期になると気持ち的にも、試験が近くなったと引き締まってきます。

勉強時間も増えてきます!

筆者は過去問を解くのに多くの時間を使いました。

この時期になると、1日1問と言わず、できるときは1回分を時間を計ってやってみたりもします。

とにかく同じ問題を何周も繰り返し行いました。

マッキー

過去問は最終的に5年分は5周していますね。

はてなネコ

こんなに過去問やって、意味があるの?

過去問を5周もすれば、問題そのものを覚えてしまいます。

問題を見た瞬間、反射的に答えの選択肢が分かってします。

(ここまでやらなくても大丈夫だと思いますが)

とにかく過去問をやりこむことで、試験の全体がよく見えるようになります。

全体が分かることで、断片的に理解できていた知識が段々とつながっていきます。

マッキー

今になって振り返っても
過去問を解くことが大事だったと思っています。

なんだかんだで10月になり、最後の仕上げ。

合格に向けて勉強していきましたが、結局のところ最終的な仕上がりは完ぺきとは言えませんでした。

試験範囲には細かい部分がたくさんあるので、必要なことを全ては覚えきれません

ですが、過去問をやりこんだ成果として、分からない問題でも選択肢から考察して「こうかもしれない」と予測する力はつきました。

けあまネコ

試験では、内容がうろ覚えで理解できていなくても、
点さえ取れればいいんです。

実際の試験はテキストには載っていない気まぐれな問題も出題されます。

問題文の独特な言い回しや表現から、答えを何となくでも読み解くことが大事です。

だれでも分かりやすい傾向をまとめてみたので、気になる方は下の記事を参考にどうぞ。

試験まで残り僅になったら、試験の当日に体調を崩さないように気を付けましょう。

体調を崩したら元も子もないので、睡眠時間を削って無理に遅くまで勉強したりはしませんでした。

マッキー

10月は追い込みですが、無理はよくないですね。

モチベーションを保って勉強を続けるコツ

だれもがはじめはテキストを見てもチンプンカンプンです。

自分には到底分かりっこないと、その段階であきらめる人が沢山います。

ケアマネ試験の合格率は「10%~20%」多い年でも5人に1人です。

これだけ合格率が低いのは、試験までのモチベーションを保つことが出来なくて、途中であきらめてしまう人が多いからとも言われています。

試験は長期の勝負!モチベーションの維持がカギです。

ケアマネ試験の受験資格を得るために、5年以上の長い実務経験をつんでいます。

これまでの5年以上の実務経験も踏まえてケアマネ試験は長期的な目標としてとらえて、それに向かってモチベーションを保つことが大事です。

はてなネコ

受験資格があるだけでも、すごいことだよね。

分かるところから着手する

ケアマネ試験では「介護支援分野」が難関です。

「保健医療福祉サービス分野」の方が自然と理解できている部分が多くあります。

  • 介護支援分野:介護保険の仕組み、法律などの問題が出ます。
  • 保健医療福祉サービス:サービスの事業所のことや、医療や介護の知識について問題が出ます。

「介護支援分野」も「保健医療福祉サービス分野」もバランスよく勉強しましょう。

資格を取った自分をイメージする

現場の仕事から相談業務へ転身している。

在宅のケアマネに転職している。

ケアマネの資格を取ることで、今までよりも仕事の幅が広がり、今までと違う世界が見えてきます。

また、ケアマネの資格を持っていることで、その人の権威性が高まり職場での地位も向上するでしょう。

資格を取ることで様々なメリットがあるので、モチベーションを高めてもらいたいです。

受験料をいくら払ったか思い出す

試験にかかる費用は決して安くありません。

受験料やテキスト代で数万円とお金が飛んでいきます。

無駄にはしたくないですね。

はてなネコ

費用のことを考えると
「落ちたらどうしよう」って気持ちになる・・・

けあまネコ

資格試験の費用は自己投資です。
「落ちたらどうしよう」という気持ちをバネにして
勉強をがんばりましょう!

完璧を目指して勉強しなくてもいい

資格試験は高得点を取らなくても、合格点さえ取れれば勝ちです。

ケアマネ試験の合格率は低いですが、合格に必要な点数も低いです。

合格率の低さに惑わされないで、ちゃんと要点を押さえて勉強さえすれば必ず合格できます!

ケアマネ試験は6割~7割の正解を目指せば合格できます。

分からない問題は割り切って捨てても問題ありません。

完璧を目指さず、要領よく得点するコツをつかんでいきましょう!

マッキー

分からないところがあるからって、
諦める必要なありません。

全体のまとめ

この記事では、ケアマネ試験の勉強はいつからはじめるの?というテーマで、筆者の経験を元にどんな風に勉強してきたのかを紹介しました。

勉強をはじめるのは、早ければ早いほど良いですが、6か月前には勉強を意識してみましょう。

まずは4月に試験の申し込みをして、そこから教材をそろえて勉強をしていきましょう。

テキストをはじめから見ていっても、なかなか頭に入っていきません。

はじめは「どんな介護保険のサービスがあるのか」を覚えましょう。

次に「要介護認定の流れ」を勉強します。

過去問も少しずつ解いていき、最終的には何回も周回して解けるようにしていくのがいいです。

ケアマネ試験の合格は長期的な目標です。

試験日までモチベーションを保てなければいけません。

介護支援分野は難関ですが、保健医療福祉サービス分野もバランスよく学習していきましょう。

資格を取った自分をイメージしたり、受験料を払ったことをバネにモチベーションを高めましょう。

完璧を目指して勉強するよりも、合格点の6~7割の問題が解けるように要領よくコツをつかんで勉強しましょう

以上ですが、まとめとさせてもらいます。

マッキー

ここまで、ご視聴ありがとうございました。
この記事がケアマネ試験の勉強の参考になれば幸いです。

にほんブログ村

この記事が「いいね」と思ったらクリック!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

ケアマネ試験に向けて、おすすめのサービス

こちらのサービスを紹介します。

ユーキャンのケアマネ講座

働く人の強い味方。

「働きながら」が前提のカリキュラムで、

スキマ時間を使って勉強しましょう。

標準学習期間は6か月~

一括払い:49,800円

分割払い:月々3,900円×13回

「教育訓練給付制度」でユーキャンが20%お得になります。

シカトル

介護・医療の資格に特化。

ケアマネ資格にも対応しています。

とりあえず、資料だけ見たいという方へ。

利用料金:無料

シカトルってどんなサービス?。

目次
閉じる