ケアマネ試験はいつから勉強すればいいの?「4月からの勉強の流れ」

ケアマネ試験はいつから勉強すればいの?と疑問に思っている方はいませんか。

この記事では、ケアマネ試験はいつから勉強をするのか?というテーマで、筆者の体験談を元にどんなスケジュールでどんな勉強をしたのかをお伝えしたいと思います。

この記事はこんな方へおすすめ。

ケアマネ試験の勉強をいつからはじめればいいのか知りたい方。

筆者がどのようなスケジュールでどんな風に勉強したのか知りたい方。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

介護士として10年以上働いています。

現場での経験を経て、ケアマネの資格を取得しました。

現在も特養の介護職員で、施設ケアマネとして働いています。

主にケアマネ試験をテーマにして、ブログで介護職員向けた情報等を発信しています。

スポンサーリンク
目次

勉強はいつからはじめればいいのか?

結論から言います。

試験のボリュームを考えると、最低でも6か月前からは始めておきたいです。

とはいえ、試験範囲が広くて覚えることも多いので、勉強を始めるのは早ければ早い方がいいです。

6か月というのは一つの目安です。

思い立ったらすぐにでも、勉強をはじめましょう。

仕事をやりながら受験する人が大多数で、中には子育てもしていたりして、勉強の時間をとるのも大変なのが現実です。

短期間で効率よく勉強をすすめていきたいですね。

マッキー

いつからはじめよう?って考えているなら、すぐにでも始めるべき。

私が実際に行っていた勉強の方法を紹介します。

ここからは私がどのように勉強していったのかを実体験を元にしてお伝えします。

私の勉強は市販のテキストと過去問を購入して、過去問を中心に行いました。

過去問を解いて、分からないところを調べての繰り返しです。

仕事があった日も寝る前に時間をとって、日によっては数十分だけやったり、調子のよいときには数時間とやっていましたね。

短時間でも毎日机に向かうようにしましたね。

4月:受験の申し込みで気持ちにスイッチが入る

ケアマネ試験の申し込みが4月にありました。

申し込みの月は都道府県により若干異なりますが、試験自体は全国で共通です。

10月が試験日となります。

最低でも6か月前からは勉強をはじめるのをおすすめします。

試験日の10月から逆算すれば、最低でも4月には勉強をはじめることになります。

4月に試験の申し込みをすれば気持ち的にもスイッチが入ります。

ここから始めてみるのが、よいですね。

マッキー

申し込みをしてから、本格的に勉強をスタート。

4月:テキストと過去問題集を購入して、いざ勉強スタート

まずは、テキストと過去問題集を買います。

テキストは結構厚みがあり1冊2,000円近くします。

どのテキストを選べばいいかは自由です。

自分で手に取ってみて、頭に入りそうだなと思うのを選びましょう

マッキー

おすすめの参考書を紹介します。

私が実際に手に取っていいなと思ったテキストと過去問題集はこちらです。

過去問はこちらのシリーズ。

「ケアマネ試験過去4年問題集」

22回試験は再試験があったため、4年となっていますが、5回分の過去問が載っています。

テキストと解説のページを切り離して使えるようになっています。

「ユーキャンのケアマネジャー書いて覚える!ワークノート」

ユーキャンのテキストはどれも分かりやすくまとめられており、はじめて勉強する方におすすめです。

こちらは実際に大事な部分を書き込みながら勉強できるのでおすすめです。

「見て覚える!ケアマネジャー試験ナビ2021」

ケアマネ試験に出題される大事なポイントが図解で分かりやすく整理されています。

私は今でも調べ物をしたいときに使っています。

まずはサービスを分類してみる

私は、はじめにテキストを1ページ目から見ていきましたが、全く頭に入りませんでした。

介護保険や法律などの部分は特に難しいです。

はじめは「居宅介護支援事業所」と「訪問介護」の違いすら分からない状態で勉強をスタートしました。

テキストを1ページ目から読んでもチンプンカンプンです。

マッキー

はじめはここから勉強してみるのがおすすめ。

まずは、分かりそうな部分から取り組んだ方がいいです。

介護保険のサービスの一覧をまとめてみるのをおすすめします。

介護保険のサービスは、訪問系サービス、地域密着型サービス、施設サービス、地域支援事業で分類できます。

訪問介護は訪問系サービス、小規模多機能型住宅介護は地域密着型サービスといった具合です。

ここの分類が分かるだけで、全体像がつかみやすくなります。

要介護認定の流れから関係する機関をおさえていく

サービスの一覧を覚えたら、要介護認定の流れから関連してくる機関を覚えました。

要介護認定には「介護認定審査会」「介護保険審査会」「国保連」などの様々な機関が関わります。

要介護認定の申請から、サービスを受けるまでの流れを理解していきます。

過去問を少しずつでもいいから解いていく

過去問も少しずつ解いていきます。

試験全体で60問あるので、まとめて全部解くのは大変です。

試験までには、まだ時間があるので一日で2~3問くらいのペースでも大丈夫です。

分からないところが沢山出てくるので、その都度調べていました。

  • サービスを分類してみる
  • 介護保険の認定から関係する機関をおさえていく
  • 過去問を少し解いて分からないところを調べる
マッキー

4月~6月はこんな感じでしたね。

7月~:本腰を入れて勉強をはじめる

試験日が10月なので、残り3か月あります。

この時期になると気持ち的にも引き締まって、勉強時間が増えてきました。

筆者は過去問題集を解くのに多くの時間を使いました。

同じ問題でも何周も繰り返し行います。

過去5年分の問題を、5周はしましたね。

ここまでやらなくても大丈夫だと思いますが、過去問を5周もすれば問題の答えを覚えてしまいます。

解説を繰り返し読んで、分からないところを調べることで、断片的に理解できていた部分が段々とつながっていきます。

マッキー

ひたすら過去問です。

10月~、試験まで残り数日。最後の仕上げ。

コツコツと勉強していきましたが、結局のところ、最終的な仕上がりは完ぺきとは言えませんでした。

さすがに試験範囲を全部は覚えきれません。

ですが、過去問をやりこんだ成果として、分からない問題は「こうかもしれない」と予測する力はつきました。

実際の試験はテキストには載っていない気まぐれな問題も出題されます。

問題文の独特な言い回しや表現から、答えを何となくでも読み解くことが大事です。

試験まで残り僅かなので、体調管理には気を付けました。

体調を崩したら元も子もないので、睡眠時間を削って無理に遅くまで勉強したりはしません。

マッキー

勉強で無理して体を壊さないようにね。

モチベーションを保ち勉強を続けるのが大事

だれもがはじめはテキストを見てもチンプンカンプンです。

自分には理解できないなと、その段階であきらめる人が多くいます。

ケアマネ試験の合格率は多い年でも5人に1人くらいですが、モチベーションを保てず、途中であきらめる人が多いからとも言われます。

試験に受かるためには、モチベーションを高く保たなくてはいけません。

分かるところから着手する。

介護支援分野が難関です。

保健福祉サービスの問題の方が分かる問題が多いです。

介護支援分野で行きずまったら、保健福祉サービス分野をやってみましょう。

資格を取った自分をイメージする。

現場から相談業務へ転身している。

在宅のケアマネに転職している。

ケアマネの資格を取ることで、今までよりも仕事の幅が広がり、今までと違う世界が見えてきます。

また、ケアマネの資格を持っていることで、その人の権威性が高まり職場での地位も向上するでしょう。

資格を取ることで様々なメリットがあるので、モチベーションを高めてもらいたいです。

受験料をいくら払ったか思い出す。

試験にかかる費用は決して安くありません。

受験料やテキスト代で数万円を支払っているはずです。

無駄にはしたくないですね。

通信講座で勉強してみる

独学で勉強するのが苦手な方は通信講座がおすすめです。

私の周りにもユーキャンなどの通信で勉強して合格した人が大勢います。

ユーキャンのケアマネ試験講座

試験日までプロのサポートが受けられます。

プロの講師に課題を添付してもらってコメントがいただけたりするので、モチベーションを高く保つのにも向いています。

費用一括払い:49,800円

分割払い:3,900円×13回

ユーキャンなら国の制度を利用して安く受講することが出来ます。

シカトルで通信講座の資料を請求

全国にある色んな通信講座の中から、自分に合ったものを探したい方へおすすめのサービスです。

資料の請求だけのサービス:0円

シカトルの使い方はこちらでまとめています。

カンペキに仕上げることを目指さなくてもいい

試験は高得点を取らなくても、合格点さえ取れれば勝ちです。

ケアマネ試験の合格率は低いですが、合格に必要な点数も低いです。

合格率の低さに惑わされず、勉強を続けることが大事

6割から7割の正解を目指せば合格できるので、分からない問題は割り切って多少は切り捨てても大丈夫です。

マッキー

合格目指して、がんばりましょう!

全体のまとめ

この記事では、

ケアマネ試験はいつから勉強すればいいの?

と疑問に思っている方へ向けて、私の経験を元にどんな風に勉強してきたのかを紹介しました。

ケアマネ試験の勉強をはじめる期間のポイント

ケアマネ試験のボリューム的に最低でも6か月は勉強の期間が必要。

試験日の10月から逆算、4月からスタートする。

しかし、なんだかんだで勉強をはじめるのは出来るだけ早い方がいい。

モチベーションを保つのが大事

介護支援分野で迷ったら、保健医療サービス分野などの分かる部分をやってみる。

資格を取った自分をイメージする。

受験料を無駄にしない。

通信講座などのサービスで勉強してみる。

カンペキを目指さず、6~7割を目指す。

この記事がケアマネ試験を受験する方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

ケアマネ試験の合格に向けて、利用したいサービス

ケアマネ試験の合格に向けて、ぜひ利用してもらいたいサービスは以下の通りです。

働きながら資格の取得を考えている方や、独学での学習に不安がある方は通信講座を利用しての学習がおすすめです。

ユーキャンは特に業界大手ということもあり、ケアマネジャーの資格に関しても多く合格者を出しています。

ユーキャンのケアマネジャー講座

働きながら資格を取りたい方はユーキャン。

ユーキャンは働く方を前提として、スキマ時間に学べて、無理なく学習を続けていくための工夫がされています。

介護で働く方の強い味方です。

一括払い:49,800円

分割払い:月々3,900円×13回

ユーキャンのケアマネジャーの特徴

鬼門となる「介護支援分野」(法律や介護保険)の基礎を固められる。

豊富なイラスト、図解を使ってかみ砕いた解説、はじめて勉強する方への配慮があります。

スマホで「学生専用サイト」が利用できる。

動画での解説、webテストで苦手分野を克服。

ユーキャンの標準学習期間は6か月です。

早めに申し込みをすることで、無理のないスケジュールで学習をすすめることが出来ます。

教育訓練給付制度を利用すれば、さらにお得になります。

シカトル

シカトルを使うことで、

自分に合った通信講座が見つかります。

お住まいの地域で資料を無料で請求することが出来ます。

色んな通信講座の資料を見比べて、

金額や内容を比較ましょう!

シカトルのオススメポイント

資料の請求だけなので「無料」で行える。

色んな通信講座の資料が一回で取り寄せられる。

色んなサービスを見比べることで、自分に合ったものを探すことができる。

ケアマネ試験の通信講座に関係する資料を一括で請求できます。

毎年10月に行われるケアマネ試験に向けて、早めの準備をしていきましょう。

シカトルが気になる方は関連記事がありますので、ぜひご覧になってください。

目次
閉じる