ケアマネ試験の合格率が低い理由【合格率10%~20%の世界】

ケアマネ試験の合格率は10%~20%です。

受験者の10人に8~9人は試験に落ちてしまいます。

なぜ、ケアマネ試験はこんなにも合格率が低いのでしょうか。

この記事では「ケアマネ試験の合格率が低い理由」を解説したいと思います。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

介護士として10年以上働いています。

現場での経験を経て、ケアマネの資格を取得しました。

現在も特養の介護職員で、施設ケアマネとして働いています。

主にケアマネ試験をテーマにして、ブログで介護職員向けた情報等を発信しています。

スポンサーリンク
目次

ケアマネ試験の合格率のデータを見てみましょう

まずは合格率がどれほどのものなのか実際のデータを見てみましょう。

直近5年のケアマネ試験の合格率は以下の通りです。

試験年度受験者数合格者数合格率
第23回(2020年)46,415人8,200人17.7%
第22回(2019年)47,049人8,018人19.5%
第21回(2018年)49,332人4,990人10.1%
第20回(2017年)131,560人28,233人21.5%
第19回(2016年)124,585人16,281人13.1%

ケアマネ試験の合格率は、年度によりバラツキがありますね。

およそ10%~20%だと分かりますね。

マッキー

2018年は法改正があって、受験資格が厳しくなりました。
受験者は半分以下になりましたね。

他の福祉系の資格の合格率と比べてみましょう

他の福祉系の資格の合格率は以下のようになっています。

資格名合格率
介護支援専門員17.7%
介護福祉士71.0%
社会福祉士29.3%
精神保健福祉士64.2%
医師91.4%
看護師90.4%
薬剤師68.7%
理学療法士79.0%
作業療法士81.3%
保健師94.3%
(日本資格取得支援より抜粋)
マッキー

ケアマネ(介護支援専門員)だけが異様に低くないか?

ケアマネの次に低いのは社会福祉士で29.3%ですが、他は軒並み60%以上の合格率です。

医師、看護師、保健師に至っては合格率が90%を超えています。

ケアマネ試験の合格率が低い理由

ケアマネ試験の合格率が低い理由には以下の4つがあげられます。

  • ケアマネに高い専門知識を求めるため
  • ケアマネよりも介護職員の確保が課題となっているため
  • 合格を諦めてしまう受験者が多いため
  • ケアマネ試験の5肢複択方式が試験を難しくしている

ケアマネに高い専門知識を求めるため

ケアマネ試験の合格率が低い理由の一つは「ケアマネの質の向上」を目指しているからです。

介護業界のニーズとして、ケアマネには医療や介護の高い専門知識が求められています。

最近では特に医療関係の知識が求められています。疾患がある高齢者の生活を支えるためのケアプランを作ったり、病院とも連絡を取り合っていかなければいけません。

ケアマネ試験の合格者は年を追って減ってきている

ケアマネ試験の合格者は減少しています。

(厚生労働省)第23回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について

1998年の資格が出来たばかりのころは合格者が多いです。

介護保険がスタートしてすぐは、ケアマネの人数を確保する必要がありました。

現在は以前ほど多くの人数を確保する必要はありません。

マッキー

量を確保する時代は終わり、質の高さが求めれています。

2018年の法改定で受験資格が変わりました

2018年の法改定でケアマネ試験の受験資格が変更されました。

法改定前:だれでも5年の実務経験でケアマネ試験が受けられる。

法改定後:介護福祉士などの国家資格を持っている状態で5年の実務経験が必要。

法改定前は介護職員として働き始めれば5年でケアマネを受験できましたが、

法改正後では介護福祉士の国家資格を持って5年の実務経験が必要です。

介護福祉士を取得する期間を含めると、ケアマネの最短ルートは8年と伸びました。

(介護福祉士は3年の実務経験が必要)

マッキー

受験資格を失った方も多いです。

ケアマネよりも現場の介護職員の確保が課題となっているため

現場の介護職員の確保が合格率が低い理由の一つです。

ケアマネになると利用者さんへの直接的な身体介助は基本的には行いません。

介護の現場で人手が不足している中、介護職員として働いていた人がケアマネの資格を取って、ケアマネへ転職してしまうことで、介護現場の人手が少なくなってしまいます。

現場の介護職員を確保がケアマネよりも優先される課題です。

介護の職員は足りなくなる見通し

厚生労働省によると、2019年の介護職員の数は約211万人います。

今後必要と言われている介護職員の数は、

2023年:約233万人

2025年:約243万人

2040年:約280万人

介護職員は国の施策により年々増えてはいますが、今後の高齢者の増加には追い付かない見通しです。

今は現役で働いている職員も2040年には定年を迎えているかもしれません。

マッキー

介護職員が圧倒的に足りていない現実。

ケアマネ試験の合格者の半数以上は介護福祉士です

第23回試験:職種別の合格者の割合(トップ5)

1位介護福祉士55.9%
2位看護師・准看護師16.9%
3位社会福祉士10.0%
4位理学療法士6.0%
5位作業療法士3.0%
(厚生労働省 第23回 職種別合格者数より抜粋)

この通り、介護福祉士がケアマネ試験の合格者の全体の半数以上を占めています。

ケアマネと介護福祉士の需要と供給のバランスが合格率に現れています。

合格をあきらめてしまう受験者が多くいるため

ケアマネ試験の合格率が低い3つめの理由として、合格をあきらめてしまう受験者が多いことがあげられます。

ケアマネ試験は試験の範囲が広くて、覚えることが多いです。

受験する人の多くが社会人として働いているので、勉強にかける時間が限られています。

法律や介護保険の仕組みが頭に入ってこない。

出題範囲が広くて、どこから勉強すればいいのか分からない。

仕事と勉強の両立が大変だった。

このような理由から、自分が合格するイメージがつかめなくなり、ケアマネ試験が消化試合になってしまう方が多くいると見受けられます。

マッキー

試験のモチベーションを維持するのは大変です。

ケアマネ試験の5肢複択方式が試験を難しくしている

ケアマネ試験はマークシートの「5肢複択方式」が採用されています。

普通の5択の試験の場合ならマークさえしておけば20%の確率で正解できます。

しかし「5肢複択方式」ではこのように簡単にはいきません。

5つある選択肢の中から、正しいものを3つ選べ。という問題が出ます。

部分点はないですし、完璧に的中させないと得点になりません。

マッキー

運に頼っても正解になる確率は低いです。

合格率が低くても恐れることはありません。

ケアマネ試験の合格率は低いですが、しっかり勉強すれば合格できます。

早いうちから勉強を開始して準備をしましょう。

自分がケアマネを目指す目標をしっかりと持つ

ケアマネを目指す目的をしっかりと持って、モチベーションを高く維持しましょう。

介護職員にとって資格は大きな武器です。

ケアマネの資格を取得することで、仕事の幅が広がります。

お給料面でも待遇が良くなるなどの数々のメリットがあります。

このような方もいるでしょう。

職場で「ケアマネを受けろ」と言われて、仕方なく受けることにした。

ケアマネ試験は年に1回のチャンスです。

自分の将来のために資格取得を頑張ってみませんか。

全体のまとめ

この記事では、ケアマネ試験の合格率が低い理由について知りたい方へ向けて、その理由を解説しました。

マッキー

ケアマネ試験の合格率が低い理由まとめ。

①ケアマネに高い専門知識を求めるため

ケアマネの量よりも質を求めている流れ

法改正で受験資格が厳しくなった影響も大きい

②ケアマネよりも現場の介護職員を確保することが課題となっているため

ケアマネよりは現場の介護職員が必要とされている

2040年には280万人の介護職員の人手が必要だが、今後も不足の見通し

③合格を諦めてしまう受験者が多くいるため

試験の範囲が広くて、法律や介護保険などの分野が難しい

ほとんどの人が仕事などをしながらの受験で、勉強との両立が大変

④ケアマネ試験の5肢複択方式が試験を難しくしている

部分点がなくて、完璧に正解しなければ得点となる

運に頼って解凍しても、得点が取れる確率が低い

合格率は低くても、勉強すれば合格できます。

自分がケアマネを目指す目標をしっかりと持ちましょう。

よかったらシェアしてね!

ケアマネ試験の合格に向けて、利用したいサービス

ケアマネ試験の合格に向けてお勧めのサービスを紹介します。

働きながら資格の取得を考えている方には、通信講座での学習がおすすめです。

ユーキャンのケアマネ試験講座は多くの合格者を出しています。

ユーキャンのケアマネジャー講座

介護で働く方の強い味方。

「働きながら」を前提にしたカリキュラム!

スキマ時間で学習。

標準学習期間は6か月~

一括払い:49,800円

分割払い:月々3,900円×13回

ユーキャンのケアマネジャーの特徴

「介護支援分野」(法律や介護保険)の基礎を固められる。

豊富なイラスト、図解を使ってかみ砕いた解説、はじめて勉強する方への配慮があります。

スマホで「学生専用サイト」が利用できる。

動画での解説、webテストで苦手分野を克服。

教育訓練給付制度でユーキャンが20%お得になります。

シカトル

介護・医療の資格に特化。

シカトルは通信講座の資料の請求だけを行います。

利用料金:無料

シカトルのオススメポイント

資料の請求だけなので「無料」で行える。

色んな通信講座の資料が一回で取り寄せられる。

資料を見比べることで、自分に合ったサービスを探すことができる。

シカトルを詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

目次
閉じる