ケアマネ試験の合格率が低い理由【合格率10%~20%の世界】

合格率が低い理由

ケアマネ試験の合格率は低いと言われています。

ケアマネ試験の合格率はおよそ「10%~20%」くらいです。

多い年でも受験者の5人に1人しか受かりません。

はてなネコ

ケアマネ試験の合格率ってどうしてこんなに低いの?

この記事では、「なぜケアマネ試験の合格率は低いのか」というテーマで、「ケアマネ試験の合格率が低い理由」を筆者なりに考察していきます。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

介護士として10年以上働いています。

現場での経験を経て、ケアマネの資格を取得しました。

現在も特養の介護職員で、施設ケアマネとして働いています。

主にケアマネ試験をテーマにして、ブログで介護職員向けた情報等を発信しています。

それでは、よろしくお願いします。

スポンサーリンク
目次

まずはケアマネ試験の合格率のデータを見てみましょう。

2016年からのケアマネ試験の合格率です。

試験年度受験者数合格者数合格率
第24回(2021年)54,290人12,662人23.3%
第23回(2020年)46,415人8,200人17.7%
第22回(2019年)47,049人8,018人19.5%
第21回(2018年)49,332人4,990人10.1%
第20回(2017年)131,560人28,233人21.5%
第19回(2016年)124,585人16,281人13.1%

受験の年により、合格率にばらつきがありますね。

第24回(昨年度)の試験では23.3%と例年よりも多く合格者が出ています。

はてなネコ

5人受けて、4人は落ちるってことなのか。

介護保険スタートから合格者の推移のデータ

ケアマネ試験の第一回が1998年です。

今度は、この頃からの合格率の推移のデータで見てみましょう。

23回介護支援専門員実務研修受講試験の実施状況について(厚生労働省のホームページより参照)

1998年の資格が出来たばかりのころは合格者が多いです。

介護保険の始まったころはケアマネは介護業界でも花形の仕事で、人数も多く確保する必要があったかもしれません。

このような時代もありました。

2018年の法改定により、受験資格が大きく変わった

2018年の法改定でケアマネ試験の受験資格が変更されました。

法改定前:だれでも5年の実務経験でケアマネ試験が受けられる。

法改定後:介護福祉士などの国家資格を持っている状態で5年の実務経験が必要。

昔は5年の実務経験さえあれば、受験することが出来ました。

現在では、介護福祉士の国家資格を持っている状態で5年の実務経験が必要になっています。

この法改正により、介護福祉士を取得する期間(3年の実務経験)を含めると、ケアマネの最短ルートは8年と伸びました。

けあまネコ

なので、2018年からは受験者が半数以上減っているよ。

他の福祉系の資格の合格率と比べてみましょう

ケアマネと他の福祉系の資格の合格率を見比べてみましょう。

2020年のデータです。

(参考:日本資格取得支援ホームページ

資格名合格率
介護支援専門員17.7%
介護福祉士71.0%
社会福祉士29.3%
精神保健福祉士64.2%
医師91.4%
看護師90.4%
薬剤師68.7%
理学療法士79.0%
作業療法士81.3%
保健師94.3%
(日本資格取得支援より)

ケアマネの合格率は17.7%です。

ケアマネの次に低いのが社会福祉士の29.3%です。

他は軒並み60%以上はあります。

医師、看護師、保健師に至っては90%を超えています。

はてなネコ

介護支援専門員がダントツで低いね。

けあまネコ

合格率だけで見るとケアマネが低いのがよく分かるね。

ケアマネ試験の合格者の職種は?

ケアマネ試験の受験資格に、介護福祉士や看護師、社会福祉士などの福祉系の国家資格が上げられます。

ケアマネ試験の合格者の職種について、以下のデータがあります。

2020年のデータです。(厚生労働省の職種別合格者を参考)

第23回試験:職種別の合格者の割合(トップ5)

1位介護福祉士55.9%
2位看護師・准看護師16.9%
3位社会福祉士10.0%
4位理学療法士6.0%
5位作業療法士3.0%
(第23回 職種別合格者数より)

介護福祉士が一番多く、ケアマネ試験の合格者の半数以上を占めています。

マッキー

筆者も介護福祉士です。

ケアマネ試験の合格率が低い理由

ケアマネの合格率がどうして低いのか?

筆者なりに理由を考えた結果、以下の通りになりました。

  1. ケアマネの質の向上を目指しているから
  2. 介護職員が圧倒的に足りないため
  3. 合格を諦めてしまう受験者が多いため
  4. ケアマネ試験の5肢複択方式が試験を難しくしている

ケアマネの質の向上を目指しているから

合格率が低い理由の一つはケアマネの質を向上させるためです。

最近では特にケアマネにも医療関係の知識が求められています。

疾患がある高齢者の生活を支えるためのケアプランを作って、病院とも連絡を取り合っていかなければいけません。

ケアマネは住んでいる地域に合わせて、様々なサービスを利用していくので、人脈や営業のような能力も必要です。

全てが筆記試験ではかれるものじゃありませんが、試験する側の立場からすれば、より優秀な人材が欲しいわけです。

合格率が低いということは「より優秀な人が残り、ケアマネの質の向上につながるから」です。

介護職員が圧倒的に足りないため

理由の2つ目は、現場の介護職員を確保するためです。

ケアマネになると利用者さんへの直接的な身体介助は基本的には行いません。

介護の現場で人手が不足している中、介護職員として働いていた人がケアマネの資格を取って、ケアマネへ転職してしまうことで、身体介護を行う介護現場の人手が減ります。

介護職員の確保はこれからも課題となっています

2019年の介護職員は211万人です。(厚生労働省調べ)

これからさらに日本の高齢化社会は進みます。

さらに多くの介護職員が必要になりますね。

今後必要となる介護職員の数は以下のように言われています。

2023年233万人
2025年243万人
2040年280万人
今後必要となる介護職員の数

介護職員は国の施策により年々増えてはいますが、圧倒的に数が足りなくなる見通しです。

今は現役で働いている職員も2040年には定年を迎えているかもしれません。

けあまネコ

悲しいけど、ケアマネへ転職するより、
介護士として残ってもらいたい事業所も多いのでは?

合格をあきらめてしまう受験者が多くいるため

ケアマネ試験の合格率が低い3つめの理由として、合格をあきらめてしまう受験者が多いことがあげられます。

ケアマネ試験は勉強の範囲が広くて、覚えることも多いので難しいです。

受験者のほとんどは社会人として働いているでしょう。

勉強にかける時間が限られています。

法律や介護保険の仕組みが頭に入ってこない。

どうやって勉強すればいいのか分からない。

仕事をしながら勉強を両立するのが大変だった。

このような理由から、自分が合格するイメージがつかめなくなって、受験者が勉強を諦めてしまうパターンです。

ケアマネ試験が消化試合になってしまった人もたくさんいるのではないでしょうか。

はてなネコ

とにかく、試験がとっつきにくい。

別の記事で勉強のコツを紹介しています。ぜひ参考にどうぞ。

ケアマネ試験の5肢複択方式が試験を難しくしている

ケアマネ試験はマークシートの「5肢複択方式」です。

5つある選択肢の中から、正しいものを3つ(2つ)選ぶという方式です。

介護福祉士のように5択のマークシートなら、分からない問題でも運がよければ20%の確率で正解できます。

しかし「5肢複択方式」ではこのように簡単にはいきません。

「正しいものを3つ選べ」の場合は、3つとも的中して正解となります。

ケアマネ試験の5肢複択方式では、部分点がありません。

運に頼ってマークシートを塗っても正解になる確率は限りなく低いです。

はてなネコ

この問題の出し方がいやらしいんだよね。

5肢複択方式について詳しく知りたい方は参考にどうぞ。

合格率は低いけど、頑張ろうという方へ

合格率が低いからと落ち込まなくても大丈夫です。

ケアマネ試験はしっかり勉強してコツをつかめば合格することが出来ます。

ケアマネの資格は大きな武器です。

ケアマネの資格を取得することで、仕事の幅が広がります。

合格することで、大きなメリットがあります。

けあまネコ

合格するメリットを考えてみることで、
モチベーションを上げてもらいたいね。

このような方もいるでしょう。

職場で「ケアマネを受けろ」と言われて、仕方なく受けることにした。

ケアマネ試験は年に1回のチャンスです。

自分の将来のために資格取得を頑張ってみませんか。

全体のまとめ

この記事ではケアマネ試験の合格率に関するデータを参照して、筆者なりに合格率が低い理由を考えてみました。

ケアマネ試験の合格率は直近では10%~20%くらいです。

他の福祉系の資格と比べても合格率は低いです。

筆者が思う合格率の低い理由として4つあげさせてもらいました。

筆者は以下のような理由からケアマネ試験の合格率は低いんじゃないかと考えます。

  1. ケアマネの質の向上を目指しているから
  2. 介護職員が圧倒的に足りないため
  3. 合格を諦めてしまう受験者が多いため
  4. ケアマネ試験の5肢複択方式が試験を難しくしている

ケアマネ試験の合格率は確かに低いですが、ちゃんと勉強してコツをつかめば合格することが出来ます。

当ブログでは合格へ向けてのコツを発信していきます。

簡単ですが、以上でまとめとさせてもらいます。

マッキー

ご視聴ありがとうございました!

にほんブログ村

この記事が「いいね」と思ったらクリック!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

ケアマネ試験に向けて、おすすめのサービス

こちらのサービスを紹介します。

ユーキャンのケアマネ講座

働く人の強い味方。

「働きながら」が前提のカリキュラムで、

スキマ時間を使って勉強しましょう。

標準学習期間は6か月~

一括払い:49,800円

分割払い:月々3,900円×13回

「教育訓練給付制度」でユーキャンが20%お得になります。

シカトル

介護・医療の資格に特化。

ケアマネ資格にも対応しています。

とりあえず、資料だけ見たいという方へ。

利用料金:無料

シカトルってどんなサービス?。

目次
閉じる