令和4年の介護福祉士の国家試験に向けて。筆記試験の概要と合格までの勉強方法。

こんにちは、マッキーです。

現役の介護福祉士です。

福祉の資格試験に関する情報をブログで発信しています。

介護福祉士の筆記試験に挑戦するという方で、「どうやって勉強すればいいのか知りたい」と悩んでいる方はいませんか。

この記事で以下のことが分かります。

介護福祉士の試験の概要

どうやって勉強すればよいのか

スポンサーリンク
目次

合格するための勉強方法

どのように勉強すればよいのかはじめに結論を申し上げます。

勉強方法

  • 過去問を繰り返し解く
  • 分からなかった部分はテキストで調べる
  • 仕事と結び付けてアウトプットする
  • 通信講座で勉強する

まずは介護福祉士の試験の概要を説明をします。

その後、上記の勉強方法についての解説をします。

介護福祉士とは?

「敵を知り己を知れば百選危うからず」ということで、まずは介護福祉士の概要です。

介護福祉士とは。

「社会福祉及び介護福祉法」に基づく介護の国家資格です。

身体的、精神的に障害がある人の食事・入浴・排泄などの介護や本人や家族の精神面での補助を行います。

介護の専門知識と技術を持っていると国から認定された「介護のスペシャリスト」です。

介護福祉士の資格をとるメリット

介護福祉士を取ることで、様々なメリットがあります。

  • 介護職員としてのキャリアアップ
  • 社内での評価につながり、お給料などの待遇面が良くなります。
  • あらゆる介護の現場から重宝されるので、転職で有利になります。

メリットについては、こちらの記事を参考にどうぞ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nekurabonbon.com/kaihukutorubeki/ target=]

介護福祉士の受験資格

介護福祉士の受験資格は以下の通りです。

3年以上の実務経験

実務者研修を修了すること

上記の条件の他にも養成施設や福祉系高校を卒業して、国家資格の受験資格を得るルートがありますが、ほとんどの人が介護の現場で実務経験を積んで受験資格を得ています。

実務経験を積む以外にも様々なルートがあります。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nekurabonbon.com/kaigohukusisi4ru-to/ target=]

はじめは初任者研修からスタートしています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nekurabonbon.com/kaigosyokuinn-sikakunosekai/ target=]

介護福祉士の問題様式

介護福祉士の試験の様式について説明します。

マークシートによる5択問題です。

制限時間は220分です。

問題数は125問です。

午前の部と午後の部の2回に分けて行われます。

問題数が多いので1日がかりです。

最後まで問題と向き合える集中力がいりますね。

介護福祉士の出題範囲

問題の出題範囲は以下の通りです。

全部で13の科目があります。

  1. 人間の尊厳と自立
  2. 人間関係とコミュニケーション
  3. 社会の理解
  4. 介護の基本
  5. コミュニケーション技術
  6. 生活支援技術
  7. 介護過程
  8. 発達と老化の理解
  9. 認知症の理解
  10. 障害の理解
  11. こころとからだのしくみ
  12. 医療的ケア
  13. 総合問題

介護福祉士の合格基準

介護福祉士試験の合格基準は、その年の問題の難易度により変わります。

おおむね全体の60%くらいが合格ラインとなります。

全部で13科目あるうちの「1.人間の尊厳と自立+4.介護の基本」「2.人間とコミュニケーション+5.コミュニケーション技術」を一緒にして、

全11科目のうち1つでも0点の科目があった場合は、全体で合格基準点を上回っていても不合格となります。

過去5年での合格点は以下の通りです。(全125問中)

33回32回31回30回29回
75点77点72点77点75点
介護福祉士の合格点

介護福祉士の合格率

介護福祉士の合格率はおおよそ70%です。

過去5年の合格率はこちらです。

33回32回31回30回29回
71.0%69.9%73.3%70.8%72.1%
介護福祉士の合格率

国家試験の中でも合格率は高い方と言えます。

基本をしっかりと押さえて挑むことが出来れば合格できます。

介護福祉士の勉強方法

勉強をはじめる

ここから先は介護福祉士の勉強方法を紹介していきます。

  • 過去問を繰り返し解く
  • 分からなかった部分はテキストで調べる
  • 仕事と結び付けてアウトプットする
  • 通信講座で勉強する

過去問を繰り返し解く

過去問を制することで試験の全体や傾向が見えてきます。

とにかく過去問を解きましょう。

直近3年分は少なくともやりましょう。

過去問を繰り返し解くことの強み

  • 自分が今どのくらいの実力なのかが分かる
  • よく目につく単語や試験の傾向が分かる
  • 問題を解くことに慣れことができる
  • 繰り返し解くことで自信につながる

解いたら必ず答え合わせをしましょう。

解説を見ながら分からない部分をなくしていくことが大事です。

同じ問題でも何度も繰り返し解きましょう。

おすすめの過去問題集はこちらです。

令和3年(33回試験)の問題も収録。

過去問3年分が丁寧に解説されています。

分からなかった部分はテキストで調べる

過去問を解いて分からなかった部分を重点的にテキストで調べましょう。

介護福祉士は全教科で1つでも0点を取ってしまうと不合格です。

得意な部分を伸ばすよりも、苦手な分野に重点を置いて勉強するのがいいです。

苦手分野がなくなるように満遍なく学習しましょう。

テキストは色んな種類のものを何冊も買うよりも、1冊をやりこむ方がいいです。

自分の手に取って分かりやすいと思うテキストを選ぶのをおすすめします。

おすすめのテキストはこちらです。

ユーキャンのテキストは分かりやすいのでおすすめです。

自分で書き込みながら勉強することができます。

重要な部分が図解で分かりやすくまとめられています。

仕事と結び付けてアウトプットする

勉強した知識は介護の現場でアウトプットしましょう。

例えばこんな感じで

  • 自分の担当する利用者さんはどうか?
  • どんな疾患を抱えていて、どんなことに注意して介助しているか?
  • 他にも介護福祉士の資格を持つ先輩にアドバイスを聞いてみる

介護福祉士の合格者のうち8割以上の人が、現場の介護職員やホームヘルパーです。

40歳代、50歳代の受験者も非常に多いです。

「もう年だから」「仕事で忙しいから」と悲観することはありません。

自分の仕事と結び付けて考えてみることで知識が深く定着します。

通信講座で勉強する

通信講座で学んで合格したという方も多く、独学で勉強するよりも効率よく学ぶことができます。

通信講座で学ぶメリット

  • プロの講師によるサポートが受けられる
  • テキストが分かりやすく、不明な点を質問できる
  • モチベーションを維持できる
  • 法改正などの最新情報が手に入る

ユーキャン

通信講座と言えば大手のユーキャンがおすすめです。

テキストの分かりやすさ、見やすさに定評があります。

試験実施月まで手厚いサポートが受けられます。

ユーキャンをよりお得に利用したい方はこちらの記事を参考にどうぞ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nekurabonbon.com/kyouikukunnrenn/ target=]

シカトル

資料の請求だけしたい方へはシカトルがおすすめ。

複数の通信講座の資料を一度に請求できるサービスです。

値段や内容を比較して自分に合ったものを探せます。

シカトルについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nekurabonbon.com/sikatoru/ target=]

全体のまとめ

この記事では介護福祉士の概要と、筆記試験で合格するための勉強方法をまとめました。

介護福祉士の試験ってどんな感じ?

どうやって勉強すればいいの?

これらの疑問が解決するのにお役に立てたら幸いです。

最後に私が紹介した介護福祉士に合格するための勉強方法をまとめます。

試験の概要を知る。

過去問を繰り返し解く。

テキストを読み込んでいく。

日々の業務と結び付けてアウトプットする。

通信講座で勉強する。

介護福祉士の合格を目指して頑張りましょう。

よかったらシェアしてね!

ケアマネ試験の合格に向けて、利用したいサービス

ケアマネ試験の合格に向けて、ぜひ利用してもらいたいサービスは以下の通りです。

働きながら資格の取得を考えている方や、独学での学習に不安がある方は通信講座を利用しての学習がおすすめです。

ユーキャンは特に業界大手ということもあり、ケアマネジャーの資格に関しても多く合格者を出しています。

ユーキャンのケアマネジャー講座

働きながら資格を取りたい方はユーキャン。

ユーキャンは働く方を前提として、スキマ時間に学べて、無理なく学習を続けていくための工夫がされています。

介護で働く方の強い味方です。

一括払い:49,800円

分割払い:月々3,900円×13回

ユーキャンのケアマネジャーの特徴

鬼門となる「介護支援分野」(法律や介護保険)の基礎を固められる。

豊富なイラスト、図解を使ってかみ砕いた解説、はじめて勉強する方への配慮があります。

スマホで「学生専用サイト」が利用できる。

動画での解説、webテストで苦手分野を克服。

ユーキャンの標準学習期間は6か月です。

早めに申し込みをすることで、無理のないスケジュールで学習をすすめることが出来ます。

教育訓練給付制度を利用すれば、さらにお得になります。

シカトル

シカトルを使うことで、

自分に合った通信講座が見つかります。

お住まいの地域で資料を無料で請求することが出来ます。

色んな通信講座の資料を見比べて、

金額や内容を比較ましょう!

シカトルのオススメポイント

資料の請求だけなので「無料」で行える。

色んな通信講座の資料が一回で取り寄せられる。

色んなサービスを見比べることで、自分に合ったものを探すことができる。

ケアマネ試験の通信講座に関係する資料を一括で請求できます。

毎年10月に行われるケアマネ試験に向けて、早めの準備をしていきましょう。

シカトルが気になる方は関連記事がありますので、ぜひご覧になってください。

目次
閉じる