福祉住環境コーディネーター2級の取り方。介護の仕事をしている方へおすすめの資格です。

こんにちは。マッキーです。

現役のケアマネです。福祉住環境コーディネーターの2級を持っています。

ブログで介護の資格に関する情報を発信しています。

介護職員で働きながら「何か資格のを取得したいと思っている方」「何の資格を取ろうか迷っている方」はいませんか。

福祉住環境コーディネーター2級は介護職員として働いている方におすすめの資格です。

この記事はこんな方へおすすめ

介護職員として何か資格の勉強をしたいんだけど、何の資格を勉強しようか迷っている方

福祉住環境コーディネーター2級の資格について知りたい方

スポンサーリンク
目次

福祉住環境コーディネーターとは

福祉住環境コーディネーターは商工会議所が主催している検定資格です。

介護保険制度がスタートする少し前の1999年から検定試験が行われています。

福祉住環境コーディネーターは「福祉」と「建築」の分野の両方が合わさった内容からなっています。

高齢者や障害者が自分の家の中で安全に暮らしていけるアドバイスをしたり、的確なサポートが行える知識を身に付ける資格です。

「福祉」と「建築」の分野が総合的に合わさった内容

福祉住環境コーディネーターの試験では福祉と建築の両方の分野が合わさった問題が出題されます。

福祉の視点として、加齢に伴う疾患への留意点、介護保険の知識などが必要になります。

建築の視点として、古くからある日本式の住宅の特徴、バリアフリー化を進める上での建築法への影響などがあります。

2級の試験では福祉の問題の比重が多く出題される傾向です。

福祉住環境コーディネーターには1級、2級、3級があります。

難易度としては以下の通り。

1級(超難易度)合格率10%くらい

2級(手ごたえあり)合格率40%くらい

3級(簡単)合格率60%くらい

1級を取得するには建築士としての専門知識が必要になるので、相当勉強しなくてはいけません。

難易度を考慮した上で、介護の仕事をしている方は2級の合格を目指すのをおすすめします。

2級に挑戦するのに自信がない方は、最初は3級にチャレンジしてみるのもいいですね。

こんな人に向いている資格

福祉住環境コーディネーター2級を学ぶことで、介護の仕事をしている方の専門性が高まります。

以下のことに興味がある方は福祉住環境コーディネーターの資格を取得してみてはいかがでしょうか。

自宅のバリアフリー化に興味がある

高齢者や障害者の方のための住宅改修の知識を身に付けたい。

車いすが通れるように段差を解消する方法、スロープや手すりをどうやって設置すればよいのか?

介護保険で行える住宅改修、福祉用具貸与、特定福祉用具販売の知識を深く学びたい

福祉住環境コーディネーター2級が介護の仕事をしている方へおすすめの理由

介護の仕事をしている方に福祉住環境コーディネーター2級をおすすめする理由は以下の通りです。

だれでも受験できる

介護福祉士の筆記試験とも関連性がある

資格試験として2級がちょうどよい難易度

実務的なメリットもある

だれでも受験できる

福祉住環境コーディネーターには受験資格はありません。

学歴や経験にかかわらず、だれでも受験できます。

試験も年に2回行われています。

試験のチャンスも年に2回と多いので、介護福祉士やケアマネよりも気楽に挑戦できます。

介護福祉士の筆記試験とも関連性がある

福祉住環境コーディネーター2級の試験の内容は「介護福祉士」の筆記試験と重なる部分があります。

介護福祉士の取得を考えている方が、介護福祉士の試験の予習として受験するのもいいですね。

もうすでに介護福祉士の資格を取得している方は内容が理解しやすいです。

受験者の多くは、福祉関係の仕事に従事している人です。

福祉用具専門相談員やケアマネジャーの受験者も多くいます。

2級がちょうどよい難易度。

福祉住環境コーディネーターの2級はそこそこの難易度です。

簡単すぎず、難しすぎず。

講義だけ受ければ取得できるという資格ではありません。

それなりに勉強しなくては受かりません。

合格した際には達成感が得られます。

合格状況は以下の通りです。

42回:29.9%(受験者9130人、合格者2729人)

43回:44.6%(受験者10405人、合格者4637人)

44回:コロナで中止

45回:46.8%(受験者10778人、合格者5043人)

合格率の変動は大きいですが、おおむね40%くらいです。

実務的なメリットもある

2級以上を取得することで、

「住宅改修に必要な理由書」を作成できるようになります。

通常、住宅改修に必要な理由書を作成する業務は居宅介護支援事業所のケアマネなどが担当しますが、福祉住環境コーディネーター2級を持っていることで、この理由書を作成できるようになります。

介護保険で「住宅改修」のサービスを利用する際に必要となる重要な書類です。

住宅改修に携わる方は取って損はありません。

福祉住環境コーディネーター2級の取り方

福祉住環境コーディネーターの試験についての概要を紹介します。

試験の範囲

福祉住環境コーディネーター2級の試験の範囲は公式のテキストから出題されます。

出題範囲は以下の通りになっています。

  1. 高齢者・障害者を取り巻く社会状況と住環境
  2. 住環境コーディネーターの役割と機能
  3. 障害のとらえ方
  4. リハビリテーションと自立支援
  5. 高齢者・障害者の心身の特性
  6. 在宅介護での自立支援のあり方
  7. 高齢者に多い疾患別にみた福祉住環境整備
  8. 障害別にみた福祉住環境整備
  9. 福祉住環境整備とケアマネジメント
  10. 福祉住環境整備の進め方
  11. 福祉住環境整備関連職への理解と連携
  12. 相談援助の実践的な進め方
  13. 福祉住環境整備の共通基本技術
  14. 生活行為別福祉住環境整備の手法
  15. 福祉住環境整備の実践に必要な基礎知識
  16. 福祉用具の意味と適用
  17. 生活行為別にみた福祉用具の活用

公式テキストはこちら

試験方法

試験は基本5択からなる多肢選択式です。

制限時間は90分

コロナ過の配慮として、IBT試験です。

IBT試験は受験者の自宅のパソコンを使って試験する方法です。

インターネット環境が必要になります。

IBTの試験のスケジュール

期間内に希望日を選んで受験します。

自宅にいながら自分の好きな時に受験できるのは嬉しいですね。

47回試験の申込期間:11月1日(月)~12月6日(月)

47回試験の試験期間:11月5日(月)~12月13日(月)

費用

受験料は以下の通りです。

2級:7,700円(税込)

3級:5,500円(税込)

全体のまとめ

介護職員として何か資格の勉強をしたいと考えている方、何の資格を勉強しようか迷っている方へ向けて、福祉住環境コーディネーター2級の紹介をしました。

福祉住環境コーディネーター2級とは?

福祉と建築が合わさった内容

3級~1級まである。

福祉住環境コーディネーター2級が介護の仕事をしている方へおすすめな理由

だれでも受験できる

介護福祉士との筆記試験との関連性が高い

2級がちょうどよい難易度

実務的なメリットもある

福祉住環境コーディネーター2級の試験について

公式テキストから出題される

IBT試験(自宅からパソコンを使った試験)

受験料:7,700円

福祉住環境コーディネーターの検定試験に興味を持った方はぜひ申し込みしてみてください。

ユーキャンの通信講座もおすすめです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://nekurabonbon.com/kyouikukunnrenn/ target=]

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる