【株式投資】逆指値注文とは何か?使いこなして大損を回避!やり方や活用方法を解説

逆指値注文を使いこなして大損を回避

こんにちは、マッキーです。

この記事では、逆指値注文は何かというテーマで、やり方や活用方法を解説していきます。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

年収は低めのサラリーマンです。

2019年から投資をはじめて、日本株や米国株へ投資をしています。

投資資金200万円からスタートして、現在は1,000万円を達成!

スポンサーリンク
目次

株の注文方法(成行・指値・逆指値)の違いについて

株の注文方法には、3通りの注文方法があります。

成行注文「いくらでもいいから買いたい(売りたい)」と価格を指定しない注文方法
指値注文「いくらで買う(売る)」と価格を指定する注文方法
逆指値注文「株価が○○円以上(以下)になったら○○円で買う(売る)」とトリガー価格と決める注文方法

逆指値注文とは何か?

逆指値注文は、株価が○○円以上(以下)になったとき、というトリガー価格を決めます

株価が実際にそのトリガー価格へ達したら、「買い」や「売り」などの注文が出されるという仕組みです。

買い注文の場合

楽天グループの株を例にします。

楽天グループの株を逆指値注文で買う例

現在の株価は694円です。

もう少し安くなったら買いたいと思ったとき、

650円をトリガー価格にして、成行で買いの注文を出したとします。

これにより、株価がトリガー価格の650円に到達したら、直ちに成行注文が発注されて株が買われるという寸法です。

ただし、株価が650円に到達しなかった場合は、いつまで経っても買い注文は入りません。

売り注文の場合

KDDIグループの株を例にします。

KDDIの株で逆指値注文

現在の株価は4,274円です。

もう少し上がったら利益確定したいなと思ったとき、

4,300円をトリガー価格にして、成行で売りと注文を出したとしましょう。

これによって、KDDIの株価がトリガー価格の4300円以上へ到達したら、成行注文で株が売られます。

逆指値注文を使いこなすことが出来れば、ずっとチャートを眺めている必要もなくなります。

少しごちゃごちゃして面倒かもしれませんが、かなり便利な機能ですね。

逆指値注文は損切(ロスカット)するのに有効

逆指値注文は損切(ロスカット)をするのに有効です。

株を買ったら必ず逆指値注文を入れるのをおすすめします。

例えばですが、あらかじめ20%下がった場合を想定して逆指値注文を入れたとします。

その時点での最大の損失額は20%と確定しているため、精神的に楽になりませんか。

また、逆指値注文の設定はいつでも変更することが出来ます。

株価が上昇した場合には、その上昇に合わせてトリガー価格を引き上げるのがおすすめです。

これを繰り返し行うことで、はじめは「ロスカット」のための逆指値注文だったのが、いつしか「利益確定」の注文に代わっていきます。

株価の上昇で逆指値注文を引き上げていく

こんな感じで逆指値注文はとても有効です。

上手く活用することで、負けにくい投資が出来ます。

逆指値注文で損切(ロスカット)する際の注意点

指値注文で出した場合に、確実に売買が成立するとは限りません。

トリガー価格を設定していても、大きな売りがあった場面には、一気に株価が下がってしまいます。

このようなケースでは、指値で注文したものが約定しません。

ロスカットが失敗するケース

この状態から更に値下がりすれば、ロスカットされていないので、損失が拡大してしまいます。

なので、確実に売買を成立させるためには成行注文が安心でしょう。

ただし成行注文の場合は、想定外の値段で約定するかもしれないので、その点は注意は必要と言えます。

逆指値付通常注文について

少し複雑になりますが、「逆指値付通常注文」という注文方法もあります。

これは「指値注文」+「逆指値注文」を組み合わせた注文方法です。

一度で2パターンの注文をすることが出来るので「ダブル注文」「ツイン注文」とも呼ばれています。

逆指値付通常注文の使い方

今回はダブル・スコープを例にあげます。

現在の株価は2355円ですが、出来高も大きくて株価の振れ幅が上にも下にも大きいです。

2,400円で利益確定の通常の指値で売却の注文を出しつつ、

2,300円をトリガー価格にして成行でロスカットの設定が出来ます。

ダブルスコープで逆指値付通常注文

このように2つの注文が同時にできるため、株価が上にも下にもどっちに転んでも大丈夫というわけですね。

まとめ

この記事では、逆指値注文とは何か?というテーマで、活用方法を解説してきました。

逆指値注文は、株価が○○円以上(以下)になったとき、というトリガー価格を決めます。

株価が実際にそのトリガー価格へ達したら、買いや売りなどの注文が出されるという仕組みです。

有効な活用例として、損切(ロスカット)をする場面があげられます。

あらかじめ損切の値段を決めて、20%の下落で売却するなどの設定をすることで、その時点での最大損失額が確定します。

トリガー価格を設定していても、大きな売りがあった場面には、売買が成立しないで損切りが出来ないケースがあります。

逆指値注文で確実に損切りしたい場合には、成行注文を組み込んでおきましょう。

にほんブログ村

この記事が「いいね」と思ったらクリック!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
目次