ケアマネ試験はどうやって勉強する?おすすめの勉強方法

ケアマネ試験を受けるけども「どうやって勉強すればいいの?」「どこから勉強をはじめればいいの?」と悩んでいる方はいませんか。

筆者もケアマネ試験の勉強を始めた頃は、どこからどうやって勉強するのか皆目見当がつかず、雲をつかむような気持でテキストを眺めていた記憶があります。

この記事では、ケアマネ試験の勉強を始めたばかりの人へ向けて、

ケアマネ試験は「どこから勉強すればいいのか?」

ケアマネ試験は「どうやって勉強すればいいのか?」

という疑問へお答えできるように、ケアマネ試験の勉強方法をまとめていきます。

筆者の簡単な自己紹介です。

マッキー

マッキーです。

介護士として10年以上働いています。

現場での経験を経て、ケアマネの資格を取得しました。

現在も特養の介護職員で、施設ケアマネとして働いています。

主にケアマネ試験をテーマにして、ブログで介護職員向けた情報等を発信しています。

スポンサーリンク
目次

ケアマネ試験の勉強方

「ケアマネ試験の勉強を始めよう」そう意気込んで、いざ机に向かってみたが、どこから手を付ければいいのか迷っている方が大勢いるでしょう。

この記事でお伝えする勉強方法は以下の通りです。

  • 介護保険のサービスを把握することからはじめる
  • 介護支援分野の流れをつかむ
  • 過去問を繰り返し解く
  • テキストを読み進めていく
  • 通信講座で勉強する

介護保険のサービスを把握することからはじめる

ケアマネ試験を受験する上で、まずは介護保険のサービスに何があるのか知っていなければいけません。

まずは介護保険には「どんなサービスがあるのか」を把握しましょう。

介護保険のサービスは大まかに、

  • 居宅サービス
  • 地域密着型サービス
  • 施設サービス

で分けることが出来ます。

例えば「訪問介護」は居宅サービスです。

「グループホーム(認知症対応型共同生活介護)」は地域密着型サービスです。

このように一つ一つのサービスを、居宅サービス、地域密着型サービス、施設サービスの「どれに当てはまるのか」分類できるように勉強しましょう。

これが分かるようになれば、試験の全体像がつかみやすくなります。

サービスの分類について、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

介護支援分野の流れをつかむ

ケアマネ試験は介護支援分野と医療福祉サービス分野に分かれています。

その中でも、介護支援分野が難しくて挫折しやすいポイントになります。

法律に関することや介護保険の核心に迫る部分が出題範囲となるため、専門用語が多くて新しく覚えることが多くなります。

試験では全部で25問、問題が出題されます。

テキストの1ページ目から勉強する人も多いですが、それでは効率はあまり良くありません。

介護支援分野の勉強を始める上で、重要かつはじめての方でも理解しやすい個所として、

介護保険の申請からサービスの開始までを、流れで理解していくことをおすすめします。

介護保険の申請からサービス受給までの流れ

  1. 介護保険へ加入。
  2. 要介護認定を受ける。
  3. ケアマネジメントを受ける
  4. サービスを受ける。

この流れの中で介護保険制度の仕組みや関連してくる機関を覚えて、介護保険の理解を深めましょう。

要介護認定を理解する上でのポイントは、こちらの記事を参考にしてください。

過去問を繰り返し解く

ケアマネ試験の勉強方法として、過去問を繰り返し解くことが非常に大切です。

地味なようですが、過去問を解くことが一番の勉強と言っても過言ではありません。

介護保険の法改正などもあるので、あまり昔のものはやらなくても大丈夫です。

直近の5年分の過去問を何度も繰り返し解きましょう。

過去問を解くことで、様々なメリットがあります。

  • 試験の全体像が分かってくる
  • よく目につく単語や重要なポイントが分かってくる
  • 試験自体に慣れることができる
  • 問題が解けるようになれば、自信がついて勉強のモチベーションアップにつながる

これらのメリットを実感することで、学習のモチベーションアップにつなげていきましょう。

はじめは問題を解こうと思っても、何が何だか分からない状態です。

解けなかった問題は解説を読んで、過去問は何周も繰り返しましょう。

何周もして問題を解くことで、問題文と答えを覚えてしまいます。

そのくらいやり込んで何度も何度も問題を解きましょう。

マッキー

おすすめの「過去問題集」を紹介します。

過去5回分の問題が解説付きで乗っています。

問題の部分と、解説の部分を切り離して使うことが出来るのが特徴です。

筆者はこのシリーズの過去問で勉強しました。

テキストを読み込んでいく

テキストを見て勉強しながら、重要な部分はノートまとめたりして勉強していきます。

ケアマネ試験の市販のテキストは「過去の試験で出題された箇所」が重要なポイントとしてまとめられています。

過去問との相互性も高いので、過去問の分からない場所を調べたりするのにも使えます。

ケアマネ試験は暗記が必要な問題が多く出題されます。

どこを暗記すればいいのかを意識して、テキストでの学習を進めることが大事です。

テキストで重要だと強調されている部分は、意識的に暗記しましょう。

テキストは何冊も同時にやるのではなくて、基本的には1冊のものを読み込むことをおすすめします。

自分の使い慣れたテキストを選んで勉強しましょう。

地道ですがコツコツやっていくしかありませんね。

マッキー

ケアマネ試験の「おすすめのテキストを」紹介します。

ユーキャンのテキストは分かりやすいのでおすすめです。

イラストでの図解も多くて、はじめての方でも分かりやすいです。

もう一つ、「中央法規」のこちらのテキストもおすすめです。

大事な部分が図解でまとめられて分かりやすいです。

筆者も実際に購入していて、今でも調べ物をするときに使っています。

通信講座で勉強する

ケアマネ試験の勉強で「多少お金がかかってもいいよ」という方はユーキャンなどの通信講座で学習するのがおすすめです。

仕事や子育てなどで忙しい方でも、通信講座で勉強して合格している人が大勢います。

通信講座は、独学で勉強するのが苦手な方、忙しい社会人や主婦の方にもおすすめ。

通信講座で勉強するメリット

  • プロの講師によるサポートが受けられる
  • 独自の分かりやすいテキストがある
  • 模擬問題などが充実している
  • 法改正などの最新情報が入手できる

通信講座は王道のユーキャンがおすすめ

マッキー

私もユーキャンを利用しています。

  • 自宅にいながら自分のペースで学習できる。
  • 添付課題のサービスでプロの講師の指導が受けられる。
  • イラストや図解で分かりやすい独自のテキスト。
  • 法改正にも強くて最新の情報が手に入る。

費用一括払い:49,800円

分割払い:3,900円×13回

初回の利用ならば「教育訓練給付制度」を使って、費用を20%抑えることができます。

シカトルで無料で資料の請求ができる

マッキー

迷ったら資料だけ請求してみよう。

  • 通信講座の資料だけほしい方へおすすめのサービスです。
  • 全国にある通信講座の資料を無料でお取り寄せすることが出来ます。
  • お取り寄せした資料を見比べて、ゆっくりと考えてみましょう。

資料の請求だけのサービス:0円

シカトルのサービスについて詳しく知りたい方はこちらを参考にどうぞ。

全体のまとめ

この記事では、ケアマネ試験の概要について筆記試験に合格するための勉強方法をまとめました。

  • ケアマネ試験に合格の勉強方法は?
  • どうやって勉強する?
  • どこから勉強する?

このような疑問へお答えします。

この記事で、私の紹介した勉強方法はこちら。

介護保険のサービス一つ一つを把握して分類してみる。

介護支援分野の流れをつかむ。

過去問題集を購入して、繰り返し解く。

テキストを読み込んでいく。

通信講座を利用する。

よかったらシェアしてね!

ケアマネ試験の合格に向けて、利用したいサービス

ケアマネ試験の合格に向けて、ぜひ利用してもらいたいサービスは以下の通りです。

働きながら資格の取得を考えている方や、独学での学習に不安がある方は通信講座を利用しての学習がおすすめです。

ユーキャンは特に業界大手ということもあり、ケアマネジャーの資格に関しても多く合格者を出しています。

ユーキャンのケアマネジャー講座

働きながら資格を取りたい方はユーキャン。

ユーキャンは働く方を前提として、スキマ時間に学べて、無理なく学習を続けていくための工夫がされています。

介護で働く方の強い味方です。

一括払い:49,800円

分割払い:月々3,900円×13回

ユーキャンのケアマネジャーの特徴

鬼門となる「介護支援分野」(法律や介護保険)の基礎を固められる。

豊富なイラスト、図解を使ってかみ砕いた解説、はじめて勉強する方への配慮があります。

スマホで「学生専用サイト」が利用できる。

動画での解説、webテストで苦手分野を克服。

ユーキャンの標準学習期間は6か月です。

早めに申し込みをすることで、無理のないスケジュールで学習をすすめることが出来ます。

教育訓練給付制度を利用すれば、さらにお得になります。

シカトル

シカトルを使うことで、

自分に合った通信講座が見つかります。

お住まいの地域で資料を無料で請求することが出来ます。

色んな通信講座の資料を見比べて、

金額や内容を比較ましょう!

シカトルのオススメポイント

資料の請求だけなので「無料」で行える。

色んな通信講座の資料が一回で取り寄せられる。

色んなサービスを見比べることで、自分に合ったものを探すことができる。

ケアマネ試験の通信講座に関係する資料を一括で請求できます。

毎年10月に行われるケアマネ試験に向けて、早めの準備をしていきましょう。

シカトルが気になる方は関連記事がありますので、ぜひご覧になってください。

目次
閉じる